ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブ山梨の概要



 

組織概要

名 称 生活クラブ生活協同組合(山梨)
代表者 上野 しのぶ
本部所在地 400-0832

住所 山梨県甲府市増坪町477

TEL 055-241-1641

FAX 055-241-1643
センター所在地 甲府センター

〒 400-0832

住所 山梨県甲府市増坪町477

TEL 055-241-1131

FAX 055-241-1132
設 立 1985年4月1日
事業規模 事業高 7億3.777万円

出資金高 3億916万円

組合員数 3605人 

職員数10人

(2019年度末)


 

生活クラブ生協 山梨のあゆみ

1983年3月 生活クラブ生協 設立に向け、「設立発起人会」が誕生
1984年7月 設立総会を開催
12月 「生活協同組合」として、山梨県より認可受理。
1985年4月 生活クラブ生活協同組合(山梨) 設立(富士吉田市)
5月 「消費委員会」発足。牛乳の共同購入開始
12月 冷凍魚の共同購入を開始
1986年9月 甲府事務所を開所 (甲府市住吉)
1987年4月 豚肉の共同購入を開始
1991年4月 甲府センター開所 甲府事務所より移転(甲府市増坪町)
1992年2月 JA高根町(現JA梨北)・山梨県経済連・生活クラブの3者間で、県内産米の安定生産と安定供給を目指し、共同事業の調印
8月 地域ネットワーク「生活者の会」発足
1993年4月 専任当番ワーカーズ(萌・クローバー)、事務局ワーカーズ(たまねぎ)、冷凍冷蔵ワーカーズ(ビーンズ)を発足
6月 ワーカーズ・コレクティブ「みつばち」発足
1994年5月 山梨県生活者ネットワーク設立総会開催
6月 編集ワーカーズ(じゃがいも)発足
1995年9月 「グリーンシステム」活動の実施(Rびん再使用運動の開始)
1996年3月 「せっけんの家」活動の実施(合成洗剤を使わない生活提案)
1998年5月 遺伝子組み換えNO みに・みに・見にきて大試食会フェア」(アイメッセ山梨)の開催
1999年6月 個人ピッキング方式の導入「学校給食へのNON-GMO食材を求める請願運動」の実施
2001年1月 生産者の農業労働を支援する活動を実施
2004年4月 CO・OP共済取組スタート
10月 設立20周年「生活クラブinアイメッセ・ありがとう20周年・食の安全再発見」を開催
2005年4月 JA梨北と組合員による「秘蔵っこ米」基金の取り組みが開始
2007年4月 勝沼授産園と廃油を原料としたBDF燃料の提携 配送トラック給油開始
2008年10月 設立25周年記念 大規模交流会「生き活きまつり」を甲府中央商店街(銀座通り)で開催
2010年10月 「つながり続ける海と大地」テーマを絞った大規模交流会「生き活きまつり」をアイメッセにて開催
2013年3月 「GMOフリーゾーン全国交流集会in山梨」を開催
2014年10月 30周年記念「生き活きまつりin山梨」をアイメッセにて開催
2016年2月 山梨提携生産者の会「三渓会」を設立
2016年3月 ワーカーズ「蒲公英」発足 配送ワーカーズ「わたぼうし」発足
2016年4月 個人宅配の全体取り組みを開始
2016年5月 北杜市に「コミュニティカフェ たんぽぽ食堂」がオープン
2017年6月 配送ワーカーズ「えがお」・配送ワーカーズ「ままてばこ」発足
2017年9月 南アルプス市と「認知症高齢者等見守りSOSネットワーク協定」を締結
2018年3月 甲府市と「高齢者見守りネットワーク事業に関する協定」を締結
2018年6月 北杜市と「あんきじゃんネットワーク事業(見守り事業)」を締結
2018年10月 生き活きまつり「作る手食べる手つないで未来へ」を「白州・尾白の森名水公園べるが」にて開催
2019年2月 富士川町と「地域見守り事業に関する協定」を締結
2019年4月 介護福祉事業の「また明日㈱」と生活クラブ山梨で「一般社団法人またあしたクラブ」を設立
2019年6月 共生型デイサービス「またあした富士川」を開所
2019年7月 上野原市と「地域見守り活動に関する協定」を締結


 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。